半過去(笑)洋画
1980〜1999年に公開された洋画の部屋

HOME邦画ページ洋画ページ観劇メモプロフ米国映画賞ブログ


 半過去(笑)洋画(1)2005年1月〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『エイリアン2(ロング・ヴァージョン)』
“Aliens” by James Cameron
1986年*USA*ヴィスタ・サイズ。セルDVD。

なぜか再見。“「エイリアン VS. プレデター」を名画座かレンタルDVDで観るぞ”計画(?)の一環。

何度も観ている作品を、早送りなどせずに見続けるのは、普通だとつらいのだが、やっぱりこれは面白いよなあ。ただし、ディレクターズ・カットと称するロング・ヴァージョンと、ロードショウ公開版とを丹念に比較するような気力はないので、ちょっと謎も残るのだ。

エイリアンが来る前の入植地を描いたパートだけが、新たに加えられた(というか復活された)箇所なのだろうか。でも、このシリーズなら、きっとウェブ上のどこかに、詳細に比較検討してあるサイトが、きっとあるだろう。探してみなくては。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『ライオン・キング』
“The Lion King” by Roger Allers & Rob Minkoff
1994年*USA*ヴィスタ・サイズ。レンタルDVD。

久々に舞台版を観たのに合わせて、原典であるアニメイション版も久々に観てみる。終わりかけのロードショウで観て以来だろうか。

うーん、舞台版よりは、まだ楽曲が“立って”いるけれど、でも、同じディズニーのアニメイションとしては、この前に作られていた Alan Menken & Howard Ashman コンビの作品(『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』、その他、ディズニーでもアニメイションでもないが『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』)のように、名曲のつるべ落とし(?)ではないところが、やっぱりもの足りないなあ。

Menken も、仕事上のパートナーだった Ashman がわずか40歳で病死して以来、かつての輝きは見られなくなっているし。僕が良いと思うのは『ポカホンタス』くらい。ファンとしては寂しいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 

 旧作洋画
(トーキー以後の)1979年までに公開された洋画の部屋
 新作洋画
2000年以降に公開された洋画の部屋


HOME邦画ページ洋画ページ観劇メモプロフ米国映画賞ブログ

前へ戻る
このHPのトップへ
次へ進む